iHerb購入時"CDX4135"入力で割引!

無料!デザインツール「Whimsical」を使ってみた!

Adobe Xd、Figma、Sketchなど・・・ワイヤーフレーム作成には様々なツールがある中、今回紹介するのは”Whimsical“というツールです。

Whimsicalとは

私的に使用感は、ワイヤーフレームも作成できるし、アイデア出しの付箋カンバンとしても利用できるという点から、「Sketch」 X 「Miroです。

Adobe XdやSketchだとワイヤーだけでなくデザインまでできてしまいますが、Whimsicalはワイヤーフレームの作成に特化しています。そのため、デザイナーにありがちな「ワイヤーだけで良いのに、デザインまで作り込んでしまう」という失敗が防げるツールになっています。

ソフトをダウンロードする必要はなく、ブラウザで動くので、デザイナーとエンジニアの打ち合わせ時や、クライアントとの打ち合わせ時にはぴったりのツールです。

参考 WhimsicalWhimsical

Whimsicalの機能

Flow chart(フローチャート)

まずは、フローチャートが作成できる機能です。直感的にテキストを入力していくだけなので非常に簡単です!

画像の挿入もできます。

コメントもできるので、共有リンクを作成すれば意見の交換も簡単です!

ワイヤーフレーム

なんとこちらは、埋め込み機能を使用して、ワイヤーフレームをiframeで埋め込んでおります。右下にあります+やーボタンで拡大してみてください。このように共有が可能なので、クライアントに見せる時もURLを簡単に生成できます。

デバイスのサイズを選択肢から選べます。

パーツも元からたくさん用意されているので、Xdのようにボタンをデザインする必要はありません。

コメントももちろんできるので、レビューなどもしやすいです。

他にも画像の挿入やテキストの挿入など機能は盛りだくさん!

Whimsicalを実際に触ってみる

ふせん(カンバン)

アイデア出しの時に必須の「ふせん」。Miroなどのツールを活用されている方も多いかと思いますが、Whimsicalでも直感的に付箋をペタペタできます!

付箋でアイデアを出してから、ワイヤーを作成すると言う流れがWhimsicalだけで済むので非常に便利!

カスタマージャーニーマップ等々

その他にもWhimsicalには色々な活用方法があります。テンプレートが数種類用意されているので、自分で作成する必要はありません。カスタマージャーニーマップ、ガントチャート、SWOT分析など、今までテンプレートを作ってやっていたことがWhimsical1つで済むのです。

探してみよう!便利なツール

国内産の便利なITツールはあまりありませんが、海外に行くと感動するようなITツールがたくさんあります。無料のものも多いですし、無料でなくても無料体験をさせてくれるツールばかりです!良いツールを触ることで、アイデアのひらめきや、スキルの習得(特にエンジニア・デザイナー)につながります。「英語はちょっと・・・」と思うかもしれませんが、英語の勉強も兼ねて、海外ツールに触れてみましょう!

最近見つけたすごいツールSplineの記事も見ててください。

無料!3Dデザインツール「Spline」の使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA