【クラクフ旧市街】卒業旅行・ひとり旅にもおすすめスポット10選

街時代が世界遺産のポーランドのクラクフ!最近は日本でも知名度が出てきたかな?本記事ではクラクフ市内を1日で観光するプランをご紹介します〜!

ポーランドはご飯が美味しくて、治安が比較的良くて、見所の多いおすすめの国です。

#卒業旅行#一人旅#インスタ映え#歴史旅

  • ポーランドに行く予定の方
  • 卒業旅行・ひとり旅・女子旅の行き先を探している方
  • 穴場観光地に行きたい方

クラクフ空港~クラクフ市内

まずはクラクフの空港から市内へ電車で移動しましょう。電車は最新型で快適です。

片道9ズウォッティ(チケットは駅のホームの自販機にて)
Kraków Główny Train Station(中心駅)

メモ
2019年現在、駅工事中により電車の本数が少ないとのことです。空港よりバス208番に乗車し、Dworzec Główny Wschódで降りることをお勧めします。(45分)

クラクフ旧市街ぶらり

荷物をホテルに置いたらクラクフ旧市街を散歩しましょう。今回はIBIS STARE MIASTOに宿泊しました。一泊3000円くらいで快適でした。

IBIS STARE MIASTOをみてみる

クラクフは旧市街がかなり有名です。中世にタイムスリップしたかのような街並みが広がってます。徒歩で回れますので、ゆっくりお店を楽しみながら歩いてみてください。

まずは織物会館へ


会館の中はお土産やさん、雑貨屋さんがたくさん並んでいてお買い物に最適です。二階は博物館となっております。

営業時間
火〜土:10:00〜22:00
日:10:00〜18:00
(月曜休み)
費用無料
アクセス

バルバカン


旧市街に入るための門。中にも入れるそうです。

営業時間
10:30 – 17:00
入場料
8ズウォッティ
アクセス

聖マリア大聖堂へ


中央市場広場から見えてる大きな教会。クラクフのシンボルと言ってもいいかもしれません。中にも入れますし、塔にも登れるようです。写真撮影は禁止でしたが、ゴージャスな内装です。

営業時間
月〜土:11:30 – 17:45
日:14:00 – 17:45
費用
拝観料:10ズウォッティ
アクセス

ヴァヴェル城


旧市街の南東部にあります。16世紀にワルシャワ遷都するまでは国王が住んでいたそうです。内装もかなり豪華だそうです。(なぜか閉まってて入れなかった…けど外装だけでも感動します。)

営業時間
11月〜 2月: 6時 – 17時
3月, 10月:6時-18時
4月, 9月: 6時 – 19時
5月, 8月: 6時 – 20時
6月, 7月: 6時 – 21時
(2018年10月時点)
費用

大人:20ズウォッティ
アクセス

ポーランド大衆食堂でランチ


ポーランドではミルクバーと呼ばれる大衆食堂が有名です。量が多くて安くておいしい家庭料理が食べられるのででかなりお得です!社会主義の風潮が残っていた証ですね。

営業時間
8:00 – 20:00
アクセス
Milkbar Tomasza
Świętego Tomasza 24, 33-332 Kraków, ポーランド

メモ
ミルクバー特集はこちらをご覧ください。

参考 クラクフのおすすめミルクバー生き急ぎ旅

旧市街を出て、郊外へ

コシチュシコ山


変な形をした山。少し中心から離れているのでバス/トラムをお勧めします。ただ、トラム・バスでもコシュチェシコ麓から1.6kmの登山になります。11月1日にいくと、カトリックお盆なので登山口にたくさんお店がでてます。

営業時間
9:30〜
※終了後時間は季節によって細かすぎるのでこちら見てください

費用
14ズウォッティ
アクセス
152番バスにヴァヴェル城近くの「Uniwersytet Jagielloński」から乗車し、「Przegon」で下車後、徒歩20分

ユダヤ人地区のカジミエシュへ


ユダヤ人地区です。教会ではなくシナゴーグがあり、街にはベブライ語がたくさんあります。

昔からユダヤ人が住んでおり、第二次世界大戦の時にはドイツに近いことから悲劇の町ともなりました。

アクセス

ベーグルカフェで休憩


ガジミエシュ地区はベーグルが有名!焼きたてベーグルが食べられます♪

営業時間
9:00 – 17:00

Bagel mamaアクセス

旧市街で晩御飯


ビーツのスープです。(汚くてごめんなさい)ビーツはお芋と株を足して2で割って甘くしたみたいな味です!色はすごいですが、めっちゃおいしいですのでオススメ!

奥に見えているのがピロギ。ポーランドのみず餃子。洋風な味付けでこちらもおいしいです。手前はパストラミのサンドイッチだった気がしますが、おいしかったです。

メモ
2019年に閉業していました、しかしこの周辺はレストランだらけなので安心してください。
アクセス
Gosciniec Florianski
Floriańska 21, 31-019 Kraków, ポーランド

【11月1日限定】万聖節〜ポーランドお盆〜


11月1日にポーランドに行くと、カトリックのお盆です。

諸聖人の日(しょせいじんのひ、ラテン語: Sollemnitas Omnium Sanctorum、英: All Saints’ Day)は、カトリック教会の祝日の一つで、全ての聖人と殉教者を記念する日。古くは「万聖節」(ばんせいせつ)と呼ばれていた。カトリック教会の典礼暦では11月1日。
出典元:諸聖人の日/Wikipedia

ランタンを灯してお墓に備えるのがポーランド式。もちろんお盆なので、ワイワイしてはいけませんが、ポーランドの故人や自分の親族を弔う気持ちで近くの墓地に行ってみてください。

アクセス

  • ラコヴィツキ墓地 Rakowicka 26, 31-510 Kraków ポーランド

  • ポーランドへの行き方

    ポーランドへは2019年に成田からの直行便が飛ぶようになりました!乗り継ぎをすれば10万以下で行くことも可能です。
    【クラクフ観光完全ガイド】行くべき観光地4選〜治安も良くてご飯も美味しい町〜

    クラクフ市内のホテルを探す クラクフ行きの航空券を探す

    クラクフは治安が良く、物価が安く、ご飯が美味しく、観光地が多く、とってもおすすめ!ポーランドが大好きになってしまいます。女子旅・卒業旅行・ひとり旅にいかがでしょうか?
    人気急上昇中!歴史めぐりに雑貨めぐりに楽しめる♪戦争から美しく復興した世界遺産の街《クラクフ&ワルシャワ》周遊 3泊6日間【羽田深夜発/カタール航空利用】

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA