ハバロフスク|シベリア抑留者慰霊碑へのアクセス・感じた事

ロシアのハバロフスク郊外にあるシベリア抑留慰霊碑(平和慰霊公苑)へのアクセス方法と、実際に行った旅行記です。ハバロフスクへの旅行をご検討されている方には是非行って、歴史と向き合ってほしいです。

#一人旅#歴史旅#卒業旅行#インスタ映え#新婚旅行#世界遺産旅#グルメ旅

平和慰霊公苑

わたしは、海外旅行に行く際には歴史と向き合える観光地に行くと決めています。(アウシュビッツ収容所、ベトナム戦争博物館等)。今回は海外で亡くなられた日本人たちの慰霊碑です。

シベリア抑留者と慰霊碑

第二次世界大戦が終わっても、旧ソ連に連行されシベリアで強制労働させられていた日本人です。過酷な気候や労働状況からシベリアで亡くなった約6万人の方を慰霊するために建設されました。

写真でご紹介

慰霊公苑はバス停から徒歩15分くらいのところにぽつんとあります。途中住宅街などもあります。

こちらが平和慰霊公苑のモニュメントです。

ロシア語と日本語でメッセージが刻まれています。

モニュメントの近くには慰霊碑があり、お花を供えました。この地に埋葬されている方もいます。お花はバス停近くで販売されています。

アクセス


ハバロフスク駅より6番バスに乗り、20分。
Онкологический центр(オンコロギチェスキー・ツェントル駅下車徒歩15分)
ハバロフスク駅〜オンコロギチェスキー・ツェントル駅

駅名は聞き取れないので、グーグルマップでそれとなく近づいてきたら降車ボタンを押しましょう!


オンコロギチェスキー・ツェントル〜平和慰霊公苑

行きはゆったりとした坂道を15分かけて降ります。夏はアスファルトの照り返しが非常に暑いので水分を持参しましょう!売店は全くないので注意


路面電車でも行けそうだけど、わからない(笑)

バス停近くにありました。戦争の記念モニュメントでしょうか。

ハバロフスクの行き方・ツアー情報

残念ながら、慰霊碑へのツアーはないので、心配な方はタクシーを手配するという方法になります。

私は旅工房のウラジオストク・ハバロフスクをシベリア鉄道で縦断する飛行機+ホテル+鉄道チケットツアーに申し込みました。旅先での移動が心配な場合は団体ツアーも良いかもしれません♪

ハバロフスクのツアーを旅工房で見てみる

現地ツアーに申し込むという点もあります。下記リンクなら日本語ガイド付きです。

効率よく観光地巡り!ハバロフスク市内観光<午前または午後/日本語ガイド>

ハバロフスクの他の観光地

ハバロフスク市内の観光スポットについてはこちらをご覧ください。

ハバロフスク1日観光プラン|成田から2時間半でいけるヨーロッパ

ハバロフスクではロシア料理だけでなく、ウクライナ料理、アゼルバイジャン料理、ジョージア料理が食べられます!

【ハバロフスク / ロシア】おすすめレストラン 〜 アゼルバイジャン・ウクライナ・ジョージ料理 〜

カップが可愛いCoffee Republicも是非訪れてみてください。

ロシアのおしゃれカフェCoffee Republicでインスタ映え決定!

シベリア抑留の歴史は忘れては行けないし、後世に伝えていきたいと感じた旅でした。

今私たちが平和に楽しく生きている背景に、こういった悲しい過去がある事、他の国ではまだ同じような悲劇が繰り返されていることを忘れては行けないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA