ハバロフスク1日観光プラン|成田から2時間半でいけるヨーロッパ

ハバロフスクはどう観光すれば良い?
本記事では、ハバロフスクの観光スポットを1日で周遊するプランをご紹介します。
#卒業旅行#一人旅#インスタ映え#歴史旅#グルメ旅#世界遺産旅#新婚旅行

  • ハバロフスクへ旅行予定の方
  • 旅行先を検討中の方
  • ロシアの雰囲気が好きな方

休憩も挟んで、5,1kmの徒歩観光です。体力がない方はバス等を使って効率よく回ってください♪

午前は教会巡り

ウスペンスキー教会

2000年に建設された新しい正教会です。ディズニーランドみたいだなあ・・・という印象です。

営業時間
7:00 – 20:00
アクセス

街を歩きながら、次の目的地「スパソ プレオブラジェンスキー大聖堂」を目指しましょう。平そうに見えて、ハバロフスクの街は山あり、谷ありです。


あの坂の向こうに目的地はあります(笑)

途中に公園があるのですが、お花がたくさん咲いていて、なぜかトナカイもいてて素敵でした。

アクセス

スパソ プレオブラジェンスキー大聖堂

こちらが目的地の大聖堂。金色の屋根と白色の外観は素晴らしいですね・・・。物乞いが多いので注意してください。

こちらも2001年に建設された新しい教会です。

教会の横を下るとアムール川が見えています。

営業時間
7:00 – 20:00 (定休日なし)
アクセス

戦争慰霊碑

ロシアも第二次世界大戦時にたくさんの方々が亡くなっていますので、慰霊碑があります。

亡くなった方々のお名前が刻まれています。

別記事にてハバロフスク郊外にある日本人シベリア抑留者の慰霊碑についてご紹介します。

【ランチ】ウクライナ料理:Kabachok

ここまでで結構歩いているので、ランチ休憩にしましょう。


ウクライナ風水餃子。じゃがいも・キャベツ・お肉などが入っていて、餃子よりはあっさりして何個でも食べれる。

切り干し大根です。懐かしい味。
営業時間
12:00 – 00:00 (定休日なし)
アクセス

午後はクルーズをしたり、町歩きをしたり

汚いアムール川クルーズ

ハバロフスクといえばアムール川クルーズ。対岸は中国と考えるとすごいな〜近いな〜ってなりました。


こんな茶色い川で、海水浴できる人の気持ちはわかりません・・・

1時間かけてアムール川を周遊してくれます。綺麗な正教会とかを川から眺められます。

価格350ルーブル(約350円)
営業時間
12:00 – 23:00の間に2時間おきに出航
昼の所要時間は1時間
夜の所要時間は1時間半
アクセス

【ディナー】ジョージア料理:Sacivi


引用元:Satsivi Instagram

超おしゃれ・インスタ映えなジョージア料理店です。メニューも決められないくらいたくさんあります!


クリームチーズが練りこまれたパンです。日本人好みの味です。サイズもかなり大きく、2人で1つがベストです。

ほうれん草とラム肉のリコリス煮込み。私は好きですが、ほとんどの日本人には厳しい味です。

リコリスは、北欧のタイヤみたいなお菓子ご存知でしょうか?その原料となっているスパイスです。


100%のラズベリージュース。日本で飲めないので、絶対飲むべき!
営業時間
12:00 – 02:00 (定休日なし)
アクセス

ハバロフスクの他のレストランについては下記記事でも紹介しています♪

【ハバロフスク / ロシア】おすすめレストラン 〜 アゼルバイジャン・ウクライナ・ジョージ料理 〜

日本から2時間半なのに雰囲気はヨーロッパ

10万円で航空券+ホテル代+シベリア鉄道代!

ハバロフスクは成田から2時間半とアクセスしやすい場所にあって、観光もしやすい街です♪ハバロフスクだけだと物足りないので、シベリア鉄道に乗ってウラジオストクも訪問してみるのはいかがでしょうか?

【ウラジオストク観光プラン】成田から2時間半!1日で周遊できる街。

10万円で行けるのも推しポイント

おすすめツアー&ビザに注意

普段は航空券とホテルだけを予約するのですが、今回は個人ツアーを申し込みました。なぜならロシアは観光ビザが必要になります。観光ビザ申請のために、現地のホテルのバウチャー、現地のツアー会社のバウチャーなどが必要になり、自分で手配するのが面倒!となったからです(笑)

東京・大阪に住んでいれば、大使館までチョチョっと行けるのですが、地方だと申請代行も必要になってくるので少し面倒かもしれません。

ハバロフスクに行けるツアーを探す

ハバロフスクの1日観光プランでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA