キプロスの首都ニコシア|徒歩で国境を越えて観光する1日プラン

キプロス共和国と国として認められていない北キプロスへ、徒歩で越境できる町、ニコシア(レフコシア)。色々な観光スポットがあってどこから回ればいいか迷う町ですので、徒歩で1日観光できるプランをご紹介します!

#卒業旅行#一人旅#新婚旅行#インスタ映え#歴史旅#世界遺産旅#グルメ旅

営業時間とかの情報があまりない国ですので、それものせてます。
ちなみにこちらが私の徒歩ルート(5キロメートル)

ラルナカからニコシアへの行き方はこちらをご覧ください。

参考 キプロス内の移動手段「バス」の乗り方情強の生き急ぎ旅

キプロスを散策

商店街をぶらぶら、お買い物

10:00 – 10:30

まずは地中海の空気が流れているキプロス側の商店街を散策しましょう

大通りにはH&Mもあり栄えてます。キプロスの歴史博物館も近くにあるので、時間がある方はぜひ。

Panagia Faneromeni教会

10:30 – 10:45

キプロス歴史博物館裏にある教会です。

営業時間
情報がないのですが、教会なので8:00 – 16:00くらいかな。
アクセス

国境検問

10:45

このプレハブ小屋が検問所です(笑)パスポートを見せて北キプロスに入国。質問とかは特にありませんので緊張しなくて大丈夫。

こちらのトンネルをくぐると・・・トルコ領!越境は下記の地図のポイントからしかできないので要注意!

費用
無料(パスポート必要)
アクセス

北キプロス(トルコ領)へ移動

トルコの商店街を散策

10:45-11:15

町の看板がギリシャ語だったのが、急にトルコ語に変わり、住人の人種も変わります!売っているものも中東っぽいものになり、まるでトルコに来たかのように錯覚します。

ブユク=ハンでお買い物・ランチ

11:15-12:30

ブユク=ハンと呼ばれる、過去に隊商の宿として使われていた建物では、アクセサリーやお土産などが販売されています。詳しくは下記記事をご覧ください。
参考 ブユク=ハンの楽しみ方情強の生き急ぎ旅


500〜1000円くらいで買えるので非常にお買い得です!トルコ領ですがユーロでもトルコリラでも購入できます。アクセサリーショップは現金のみです。

営業時間
8:00 AM – 7:00 PM(月曜〜金曜)
8:00 AM to 4:00 PM(土曜〜日曜)
入場料
無料
アクセス

12:30-13:30

ブユク=ハンの目の前にあるカフェでランチをしましょう。トルコ領ですが、ユーロでもトルコリラでも支払い可能です。
費用
2人で1,500円くらい
アクセス

こちらはキッシュプレートです。

セリミエモスクを訪問

13:30 – 14:00

女性の方で肌が露出しすぎている場合は入室できませんので注意

営業時間
8:00 – 18:00
アクセス

市場でお買い物

14:00 – 14:30

モスクの裏に地元の市場があります。地元の生活を実感してみましょう

アクセス

中東のお菓子でティータイム

14:30 – 15:30

Google Mapに掲載されていない中東スウィーツショップ「Mardo」。歩きすぎて疲れていると思うのでここで中東ならではのお菓子を味わいましょう

バクラヴァ、クナーファと呼ばれる中東のお菓子です。詳しくは下記記事で説明しています。
参考 中東のお菓子バクラヴァ・クナーファについて情強の生き急ぎ旅

営業時間
10:00 – 18:00くらいかな(グーグルマップにさえ載っていないお店です。)
アクセス

キプロスに戻る

15:30
また同じ国境検問を通って、キプロスに戻りましょう。

St.John教会

15:30 – 16:00

撮影禁止のステンドグラスが非常に綺麗であると地球の歩き方に記載されている教会。16:00までしかやっていないので早めに行きましょう

営業時間
08:00 – 12:00 / 14:00 – 16:00(月曜日〜金曜日)
09:00 – 12:00 (土曜日)
費用
無料
アクセス

ファマグスタ門

16:00 – 16:15

観光スポットのファマグスタ門ですが、行かなくてもいいかも(笑)

営業時間
10:00 – 13:00, 16:00 – 20:00(月曜〜金曜)

ファマグスタ門周辺を散歩

16:15 – 18:00

可愛いインスタ映えする街並みが広がっています

地中海の街って感じがします。

ディナーはメイン通り

18:00

ディナーはメイン通りに戻ってお店を探しましょう。たくさんあるので見つからないことはありません

キプロスの観光・ツアー情報

現在キプロスへの直行便はないので、中東かヨーロッパ経由で行くことになります。オフシーズンなら9万円で往復航空券が予約できます。

私はカタール航空で、10月末で11万円でした。
ニコシアのホテルを見てみる キプロスへの航空券を見てみる

その他のキプロスの観光情報もご紹介しております♪

キプロスの空港から15分|ラルナカ市内をレンタサイクルで回る観光プラン 【ヨーロッパの穴場ビーチリゾート】キプロス島のアヤナパに行こう! キプロスの首都ニコシア|徒歩で国境を越えて観光する1日プラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA