キプロスの空港から15分|ラルナカ市内をレンタサイクルで回る観光プラン

日本では知名度がなさすぎる国キプロス。

治安がかなり良くて、物価が安くて、歴史があって、海が綺麗なのに・・・もっと有名になっても良くない?
本記事では、ラルナカ国際空港があるラルナカを1日で観光するプランをご紹介します!
#卒業旅行#一人旅#インスタ映え#グルメ旅#新婚旅行#歴史旅

  • キプロス(ラルナカ)に行く予定の方
  • 卒業旅行・ひとり旅・女子旅の行き先を迷っている方
  • 穴場ビーチリゾートを探している方

ラルナカ観光プラン

ラルナカはキプロスの南にある都市です。ラルナカ国際空港から市内まではバスで15分ほどとアクセスが良く、ラザロ(イエスキリストの友人で、死から蘇った言い伝えがある聖人)が葬られているラザロ教会がある歴史の古い町です。キプロスは女子旅やひとり旅、卒業旅行、新婚旅行におすすめの国です。

  • 治安がかなり良い(日本レベル)
  • だいたい英語通じる
  • 海が綺麗
  • 歴史的建造物が多い
  • ご飯が美味しい
  • 過ごしやすい気候

実際にレンタサイクルでラルナカを観光した私のオススメ観光ルートのご紹介です。Google Map上だと10Kmとなかなかハードです(笑)

レンタサイクルの借り方はこちらをご覧ください。
【ラルナカ観光】レンタサイクルは”Larnaca Adventures”

Alkisti City Hotelを出発

11:00

夕方の写真でごめんなさい。まずはホテルから出発です!

ちなみにAlkisti City Hotelは1泊3,000円とは思えないハイクオリティゲストハウスなので、ゲストハウスを探している方はぜひ。

Alkisti City Hotelを見てみる

ラザロ教会を見学

11:00 – 11:30

ホテル近くのラザロ教会からスタートしましょう。ラザロはイエス・キリストの友人で、イエスにより死から蘇ったとされる聖人です。聖ラザロ教会の地下にはラザロのお墓があります。

Djami Kebir Mosque(モスク)を見学

11:30 -12:00

ラルナカ要塞近くにある小さいモスクで、猫がたくさんいます。露出が多い服を着ている場合は、入り口近くにある布を巻いて入館しましょう。

内部へは入り口にありますスカーフで頭や、肌を隠して入ります。

ラルナカ城に入城

12:00 – 12:30

ビーチに向かって走るとラルナカ要塞が見えてきます。入場料は2ユーロです。

ビーチ(Finikoudes)でのんびり、Alexanderでランチ

12:30 – 14:30

ビーチ沿いを駆け抜けてランチの場所を見つけましょう。
Alexanderというギリシャ料理屋でのメニューです。

カマレス水道橋で歴史を感じる

14:30 – 16:30

こちらはラルナカ市内から30分ほど漕がないといけないので、平らな道ではありますが、体力のない人はやめた方がいいです。1700年代にできた水道橋で、無料で開放されています!
周辺にお店がないので水分は事前に準備してください!

ラルナカ塩湖で夕日にうっとり

16:30 -18:30

ラルナカ塩湖へは日没、または日の出の頃に行くことをおすすめします!ピンクの塩湖と太陽のコントラストがすっごく綺麗です!

お疲れディナー@Coffee Shop 29

18:30 – 20:00

チャリを漕いで疲れた体を美味しいご飯とお酒で癒してあげましょう。ラザロ教会近くのCoffee Shop29はオーナーも優しく、ご飯も美味しいおすすめのバーです。

自家製ハンバーガーとキプロスサンドイッチを頼みました。

注意点

水分補給はこまめに

キプロスでは、10月末まで日中は30度を超えます。カマレス水道橋やラルナカ塩湖周辺にお店がないので、あらかじめラルナカ市内で飲み物を買っていきましょう。

多分・・・車道を走ろう

車道が怖くて歩道を走っていたのですが、歩道の段差が高すぎて何度も自転車を降りました(笑)正解はおそらく車道を走らないといけません。

親切おじさんに注意

キプロスではアジア人が珍しく、みんなすごい優しくて、親切です。東南アジアや南米のように下心しかないようなオジサンやお兄さんはいないかと思いますが、念の為気をつけましょう。

キプロスの観光・ツアー情報

現在キプロスへの直行便はないので、中東かヨーロッパ経由で行くことになります。オフシーズンなら9万円で往復航空券が予約できます。

私はカタール航空で、10月末で11万円でした。

ラルナカのホテルを探す キプロスへの航空券を見てみる

その他のキプロスの観光情報もご紹介しております♪

キプロスの空港から15分|ラルナカ市内をレンタサイクルで回る観光プラン 【ヨーロッパの穴場ビーチリゾート】キプロス島のアヤナパに行こう! キプロスの首都ニコシア|徒歩で国境を越えて観光する1日プラン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA