飛行機に持ち込めるリュック|Cabin Zero44Lは海外旅行にも!

海外旅行、バックパック用に機内に持ち込めるリュックを探している方にはCabin Zero(キャビンゼロ)。機能性◎スタイリッシュ◎「ガチのバックパックはちょっと・・・」という方におすすめです。

  • 飛行機に持ち込めるリュックを探している方
  • スタイリッシュなバックパックを希望している方

バックパックで旅行するメリット

海外旅行や、長期の旅行だとキャリーケースが便利と思うかもしれませんが、キャリーケースにはデメリットもあります。

  • 海外の場合は、道の状態も良くなく、コロコロだと移動が不便
  • キャリーに気を取られている間に、スリに合う
  • 重い
  • 荷物が増えすぎる

バックパックは上記メリットを解消できるのです!

  • 背負うから道の状態は関係ない
  • 身軽に移動できる
  • 荷物をコンパクトに抑える必要があるので、不要なものを詰め込まない
  • 機内に持ち込める

海外旅行におすすめのCabin Zero 44Lとは?

こちらが噂のCabin Zero 44L。バックパックって、「旅」「山登り」という機能性だけを重視し、デザインが微妙な物が多いですが、Cabin Zeroは違います。超シンプル!スタイリッシュ!カラーバリエーションも豊富です。

Cabin Zero 44Lのメリット

  1. 内ポケットが3こ・外ポケットが1こ

  2. 内ポケットが背中側に一個、外側に二個(上下)でついているので、荷物が鞄の中でごちゃごちゃになりません。

  3. リュックだけでなく横持ちもできる

  4. 飛行機のタグがついているところに持ち手(上側・右側)がついているので、ちょっとした移動にも便利です。

  5. 大容量
  6. 44Lと大容量です。私は真冬のフィンランド〜アイスランド2週間旅行はこれで十分でした。

  7. 機内に持ち込めるサイズ
  8. 44Lと大容量ですが機内に持ち込めるサイズです。(約35cm 縦:約49cm マチ:約16cmショルダー長さ:最大約81cm)

  9. OKOBANがついている
  10. OKOBANとは、グローバル落とし物発見連絡サービスです。鞄に付いているUID(個別識別コード)を専用のサイトで利用しアカウントを作成すると、2200以上の空港を含む世界最大の遺失物事務所のネットワークとリンクしているので、ロストバゲージの際に自分の荷物がいまどこにあるかを確認できます。

Cabin Zero 44Lのデメリット

デメリットは鍵がついていないことです。ただ私は百均で南京錠を購入し、下記のような形でロックしてるので特に問題はありません。

あとは、バックパックだと避けられないデメリットですが、お米とか醤油とか重い荷物を入れると、死ぬw

価格比較!最安値は7,360円

最安値はWowmaでした!

Amazon:9,900円
楽天市場:7,480円
Wowma:7,360円

Cabin Zero44Lで海外旅行を倍楽しむ方法

Cabin Zeroを利用して海外旅行を100倍楽しむ方法があります! それは海外で売っているワッペンを売って縫い付けて自分だけのバックパックにすること

私のバックパックは今こんな状態になっています♪スーツケースにシールを貼る人は多いですが、スーツケースはいずれ寿命がきます。その時に捨てなければなりません。でもワッペンだとリュックの寿命が来ても、ワッペンを剥がして付け替えればOK!

ワッペンを縫うのは面倒ですが(笑)

自分なりのリュックを作って楽しい旅行の思い出を作りましょ〜〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA