SBIと楽天の口座を一括管理|マネーフォワードでiDeCoと積立NISAをチェック

つみたてNISAやiDeCoなどを複数の会社で持っていると、いちいち確認するの面倒ですよね。そこで今回は家計簿アプリマネーフォワードを使って口座を一括管理する方法をご紹介します。

私は積立NISAを楽天証券、iDeCoをSBI証券で運用しています。
  • 複数証券口座をまとめて管理したい方
  • iDeCoや積立NISAを検討している方

マネーフォワードで一括管理

マネーフォワードとは?


マネーフォワードは「家計簿アプリ」として有名で、クレジットカードと連携するとクレジット明細も自動で記帳してくれる便利なアプリです。

そのマネーフォワードでは証券口座も一つにまとめることができます。以下のような感じになります。

楽天証券もSBI証券も1画面で見れる。素敵❤️

メリット

証券会社の管理ページは機能が多すぎてUIがダメ🙅‍♀️すごい使いにくくて、投資を始めようと思っても使いづらくて離脱しちゃうします。

以下、SBI証券の管理画面になりますが、商品ごとの評価額/評価損益を見たいときは、横に長〜く伸びている表をスクロールしなくてはいけません。

ところがマネーフォワードだとこのシンプルさ!
日々必要な情報ってこれだけなんで十分です。

1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年でのグラフもみれて便利!

楽天証券のこの画面も、マネーフォワードだと・・・?

シンプルに内訳だけを表示させてくれます。

もちろんグラフも。

デメリット

デメリットは特にありませんが、ここで商品の変更とかスイッチングとかできたらもう完璧ですね。

それはさすがに無理な気がするけど・・・・

老後の資金は自分で運用しましょ!

数ある証券口座がある中で、楽天証券とSBI証券を使っているかと言いますと、イデコの場合は口座管理手数料がゼロ。メガバンクとか地銀のイデコに入るとやたら口座管理手数料を取られます。

積立NISAの場合は、楽天証券もSBI証券も毎日お金を投資できるので、リスク分散をして投資できるのです!

月5000円だとそこまで負担ではないはず!迷っている方はとりあえず楽天証券かSBI証券で口座開設してみよう〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA