Googleアドセンス審査を2回(1週間)で合格するためには

ブログを立ち上げて、Googleアドセンス審査を申し込もうとした時・・・

体験記とかをみていると半年くらいかかるのかな〜
と覚悟をしていました。それがなんと2回(1週間)で合格しましたので、通過のポイントをご紹介します。3ヶ月かかってもアドセンス合格できなかった方のブログを合格させた話は・・・

参考 どう頑張ってもアドセンス合格できなかった人を合格させた話情強の生き急ぎ旅

  • Googleアドセンスに合格したい方
  • 審査に落ちた方
  • アドセンスの申請をしようとしている方

アドセンス1回目の審査


まずは私の1回目の審査時の状況から紹介しましょう。「コンテンツの質」にこだわっていました。

申請時の状況

  1. 記事数:29記事
  2. ブログ歴:2週間
  3. 文字数:500字〜1000字/記事
  4. アクセス数:1〜2人/日
  5. 毎日更新していない
  6. アフィリエイトリンク10件
    (削除し忘れ)
  7. はてなブログ移行時のキーワードリンクたくさん
    (削除し忘れ)
  8. 海外旅行記、カフェ紹介、帰国子女について等
  9. 写真は1記事に最低1枚
  10. プライバシーポリシー
  11. プロフィール情報
  12. デザインはこだわっていた(luxeritasでSANGO風)
  13. 見出し作成

結果


不合格

価値の低い広告枠?もしかして?アフィリエイトリンクはずし忘れてる?と思い記事をチェックしました!

原因と対策

予想的中で、アフィリエイトリンクをたくさん貼っていました・・・
  • アフィリエイトリンクの削除
  • はてブのキーワードリンク(てなブログには勝手にブログ内のキーワードをリンク化する機能)の削除
  • はてなブログ時の食べログリンクも削除
  • WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps]を用いてサイトマップの送信

アドセンス2回目の審査

この作業を1日で終え、再審査申し込みました!

結果


なんと、1日で結果がきました!どう考えても問題はアフィリエイトでした(笑)
冒頭で述べたとおり私がすぐに合格できた理由は「記事の質」にあります。アドセンスは何回申請しても落ちる人、すぐ通る人、本当に基準がわかりません。重要なのは、コンテンツの充実度・ブログの整理整頓具合・ファーストビューの良さです。記事が多くても中身がペラペラではダメです。あとはいかに儲けたい!感を無くし、自然なブログかというところです。

「質の良い記事」を書くには?


質の良い記事を書くときに意識して欲しいことは「自分目線」ではなく「読み手目線」になって考えること

たとえば色々な人のブログを見ていて、

「ただの日記やん・・・」「海外の感動したことより、その場所の営業時間のせて・・・」
とか思ったことありませんか?売れている人のブログを読んで勉強するのももちろんですが、普通の人のブログを読んで、「必要な情報無いわ・・・」と思ったら、それを反面教師にして自分の記事をリライトしましょう!

旅行ブログを書く場合

大事なのはあなたが感じたことより、旅行先の情報。「ここのカフェが美味しくてよかったです!」ではなく、「17時〜18時ごろが空いていて、営業時間は16:00 – 22:00です。」の情報を読み手は求めています。もちろん、美味しさや雰囲気も大事ですが、情報が何よりも大事です。私の場合は、「●●県の観光の仕方」について書く場合は、観光する時間帯や施設情報を載せています。

営業時間
11:00 – 12:00
費用
500円
費用
●●県●●市123-456
TEL:123-4567
Googlemapを埋め込む

特に海外だと海外のホームページを調べるのが面倒ですが、この面倒の一手間が良い記事へとつながります。

自分の人生を語る場合

みなさま色々な経験をされていて、それを残していきたいと思っているかと思います。「僕は仕事でこんな上司がいて、鬱になって転職しました。」だけで終わらせてしまってはいけません。「僕は仕事で〜〜〜〜転職しました。スキルがなくて困っていた僕でも転職できた理由を教えます!」と続けましょう。スキルがなくて転職を渋っている人にささります。

  • 自分の人生を語って終わるのではなく、その悩みを解決した方法を紹介する

おすすめの商品を書く場合

おすすめの商品を書く場合も、「とてもよかった〜」だけで終わらせるのはダメです。客観的であることが大事です。

  • 商品が買える場所
  • 相場
  • 自分以外の感想(口コミとかを引用)
こういった、読み手が必要な情報(調べるのが面倒な情報)を調べてあげるのが良い記事のコツです。

いかがでしたでしょうか?良い記事を書くというスキルは日常生活(仕事)にもつながる重要なスキルです。人が求めている情報をかけるように頑張りましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA