英語が話せない帰国子女。海外=英語と思わないで欲しい

「帰国子女だったら英語ペラペラだよね」
私が小学生から今まで言われてきた台詞ですが…

帰国子女=英語という考え、安易すぎませんか?どの国でも公用語は英語とでも思っているのでしょうか。

海外=英語ではない


世界196ヶ国あって、6900ヶ国語存在して、世界で一番話されている言語は北京語です。それなのに、就職活動や転職活動の時に、「帰国子女だから英語ペラペラなんだ〜」と言われます。

国は関係なく、海外=英語という認識がありますよね。

オランダ語と私の生い立ち

私は小学生までオランダに住んでいました。オランダの田舎の現地校に通っていましたので、生活はオランダ語でした。英語なんて触れたこともありません。(テレビで流れる洋楽くらい)

日本に帰国し、日本の子供達と同じように中学生から本格的に英語の勉強を始めました。

海外の人=みんな英語話せると思っていらっしゃる方が日本には多いですが、実際はそうでもないのです。ヨーロッパの田舎に行けば英語は通じません。

帰国子女は英語が話せるという考え

「海外から来た子だから英語が話せるよね?」
私が日本に帰国したときによく言われたことです。田舎の小学校であったので、海外=英語という考えがあるのは仕方がないことかと思っていました。しかし社会人になっても、生まれはドイツで育ちはオランダです。といった瞬間、「だから英語できるのか!」と言われることが多々ありました。海外実績のある上場会社、海外貿易をしている中小企業、海外と関係のあるベンチャー企業の3社を経験しましたが、どの職場でも言われました。

なぜ海外=英語になるのか?

日本には日本語を話す日本人しかいない

海外=英語という認識は、日本人しかいない日本という島国だからこそ起きてしまうのでしょう。オランダを含むヨーロッパ諸国は、移民が当たり前です。移民がそれぞれの言語を話すという事は幼稚園の頃から当たり前であることを知っています。世界にはいろいろな言語があるという事を知る環境があります。

日本の英語教育

日本人は英語ができなさすぎるはよく聞くセリフですよね。そして、英語が話せない状況を改善するために、英語教育に力が入っています。しかし、この英語信仰こそ、異文化多様性を妨げていると私は考えます。
英語が話せれば、世界で通用する
もちろん間違ってはいません。ビジネスの世界の公用語は英語です。ただこの英語主義のせいで、海外の人はみんな英語がペラペラだと判断するのはやめてほしいです。

最後に

「英語が話せる」のがグローバル人材ではなく、本当の意味でのグローバルな考え方ができるのがグローバル人材ですよね、と学生の事からずっと思っています。

同じ悩みの帰国子女の方、共感してもらえると嬉しいです!

2 COMMENTS

細谷和香子

私も帰国子女で、生粋の日本人なのに大学に入学すると 「日本人なの?なんか、英語喋ってみて‼︎」と言われるのが苦痛でした。就活をしていた時も、面接官の方々から色眼鏡で見られていたような気がしてならなかったですし、現在も日本に居ますが、最近は1日が過ぎれば過ぎるほど自分は馴染めていないのではないかという嫌気と早く海外に出てしまいたいという衝動に駆られてしまいます。多分、みんなと同じ行動をする、最近は個性を重要視するという発言が社会的に増えていますが、口だけなのでそういう場所に居ついてしまうと自己成長できなくなるのではないかと怖くなり、いち早く、日本から出ないとという危機感があります。

返信する
julie

細谷さま

コメントありがとうございます!

共感していただける方に出会ったことがないのでコメントをいただいて仲間がいる…と安心しました。

今は就職して2.3年目くらいでしょうか?
本当に個性潰される場面ばかりですよね。特に就活でわたしは心折れました。
話は逸れますが、「帰国子女で英語できて国際感覚あると思うけど海外関係の部署に必ず配属できるわけではない」も理解できなかった言葉ですね。結局、希望がなくてなんでもやってくれる人がいいのか!と。

わたしは集団行動が本当に苦手で、部活とかも続きません(笑)
もっと一人でもほっといてくれるような社会がいいですよね….

国外脱出がんばりましょ!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA