東京と大阪の満員電車の違い〜オリンピックが怖いよ〜

牛がたくさんいるヨーロッパの国で生まれ、野生のタヌキがいる県で小学校を過ごし、中学校から大阪に出たコメコメちゃんです。御堂筋、環状線、堺筋線、谷町線、南海線と激混み路線を一通り使って10年大阪で過ごしました。

東京の満員電車も余裕っしょ。
甘かったです。

  • 東京の満員電車が辛い人
  • そもそも東京で暮らす意味があるのかと迷っている人
  • 上京を考えている関西人

冒頭でもお伝えした通り、10年間大阪の満員電車で通学・通勤を経験して、東京も余裕やんと思って東京の会社に転職したコメコメちゃんです。同じように考えて状況を考えている場合は一旦落ち着いて考えたほうがいいです。

そもそも私は東京に来たかったから来たのではなく、仕事が大阪の10倍あるよと言われてホイホイ来てしまいました。(これは事実だし、日本の社会問題。)

大阪と東京の満員電車の違い

郊外の始発駅から混んでる

大阪だと、和歌山や奈良、京都、兵庫などの近辺の始発駅は空いています。東京は千葉やら八王子やらの郊外の始発駅でも朝から激混みです。それなのに都心に近づくにつれてどんどん乗車してくるので地獄です。

昼の変な時間も混んでる

11時〜16時あたりの通勤ラッシュ以外の時間帯も電車は常に混んでいます。

混雑で電車が遅延する

東京のダイヤは超過密です。そのため1分でも一つの車両が遅れたら、後続の車両がどんどん遅れていきます。そのため混雑で遅延が頻繁に発生します。

5~15分の遅延は当たり前!

座席が狭くて他人との距離が近すぎ

東京はなるべく多くの人を詰め込むために、車両の座席を狭く作っています。そのおかげで他人とのスペースが狭くて精神的にダメになってきます。

おまけ:駅、たまに車内はゲロだらけ

特に金曜日の夜、年末年始は駅がゲロだらけ。上京して1年半ですが、多い時で週4、最低週1で駅ゲロを見ます。車内ゲロは2回目撃しました。

ゲロが見たくないから酔っ払いが出てくる前に帰ろう、なんて大阪にいた時は思ったことがありません。終電ギリギリまで遊んで走って買えるのが日課でした。

都会が好きだったのに死ぬほど嫌いになった

大阪にいる時は便利だし、おしゃれな服屋さんあるし、カフェたくさんあるし、で難波や梅田が大好きでした。(今も好きです。)特に実家に住んでいる時は難波まで50分ほど電車でかかるのに暇さえあれば行ってました。

年のせいでは無いはず・・・
ところが東京に来てから、休みの日に23区に行くのは論外。精神的にも来てしまって23区で食事をしようとしても食欲がわかなくなり、仕事のストレスとも重なって電車にすら乗れなくなってしまいました。

いわゆるパニック障害という病気です。電車に乗ると急に吐き気とめまいがしてきてパニックになります。

上京を考えている人へ

上京するなとは言いません。東京でしか追えない夢もあるはずです。ただ、別に職にこだわりはないけど東京に来てみよっかな〜ていう気持ちでくると必ず挫折します(笑)

東京にあって大阪にないもの

  1. 企業の多さ
  2. 企業の多さはやはり違います。求人は引く手数多です。東京のGDPは大阪の3倍もあるという結果が物語っています。

  3. 最先端のことをやってる企業の多さ
  4. ベンチャー企業やIT企業は東京に集まります。大阪は2年ほど遅れている感じがします。

  5. 富士山が見える
  6. 富士山が見えるのは関東だけ⭐︎新幹線は必ずE席の私には嬉しいポイント!

最後に伝えたいこと

東京にあって大阪にないものを読んでいた通りで、「仕事」と「富士山」以外は何もないのが東京です。(笑)日本初出店のタピオカを1番に飲みたい!とかなら東京の方がいいかもしれませんが・・・流行りの服もおしゃれなカフェも大阪で十分です。むしろ大阪の方がコスパが良いです。家賃も異常だし、物価も異常なのに給料は大阪とそこまで変わらない・・・

修行のための状況はいいかもしれませんが、永住するにはしんどすぎるのが東京です!
さて、Uターン準備を進めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA