WordPress記事が重いのはGoogle+が終了したから。テーマアップデートで解決!

  • 5月から記事を開くのが重くなった方
  • キャッシュ削除実施済みの方
  • HTML/java/css最適化済みの方
  • luxeritasテーマを使っている方

luxeritasを使っている方で、2019年5月から急に記事が重くなったと感じていませんか?原因はキャッシュやリビジョン履歴ではありません!

記事が重くなった原因は…

Google+サービス終了して、LuxeritasテーマがGoogle+のSNS カウント数を取得しにいこうとしてしまっているからです!

[blogcard url=”https://thk.kanzae.net/dev/wp-themes/luxeritas/t10675/”]

原因はLuxeritasの作成者るなさまの記事から引用しました。この記事を見つけられてよかった。もう私のブログはこのまま記事を見るのに10秒以上かかるサイトときて生きていかないといけないのかと絶望していたところでした…。

確かにGoogle+サービス終了は知っていましたが、ここに影響が出るとは思っていませんでした(笑)前日にパーマリンクを、変更していたのですっかりそれが原因かと思い、リダイレクト処理を行ったりと汗汗していたところでした。

解決方法

私の状況より、早くご自身のブログをスピードアップしたい!と思っていると思うので、解決法を紹介します。

  • Luxeritas 3.5.10をダウンロード
  • Luxeritas 親テーマをWordpress上でアップロード
  • FTPソフトで子テーマをバックアップ
  • 子テーマを削除
  • (新)子テーマをアップロード
  • (元)子テーマの情報を(新)子テーマへ移す

最新版Luxeritas3.5.10をダウンロード

こちらから最新版のLuxeritas3.5.10の親テーマと子テーマをダウンロードしましょう。

[blogcard url=”https://thk.kanzae.net/wp/dl/”]

WordPress上で親テーマをアップデート

親テーマだけならWordpress上でアップデートできるのですが、子テーマのアップデートにはFTPソフトまたはサーバーのファイルマネージャが必要です。
Wordpress上での親テーマアップデート方法はこちらをご参考下さい。
[blogcard url=”https://thk.kanzae.net/wp/settings/t2354/”]

子テーマのアップデート方法

子テーマのアップデート方法は下記URLにて詳しく説明されております。
注意点は、旧子テーマから新子テーマにアップデートする場合、stylesheet.cssやheader.phpなどの情報が全てリセットされるので、旧子テーマのデータを残しておいて、後から新子テーマに記載しなおす必要があります。

[blogcard url=”http://yamataso.hateblo.jp/entry/2018/08/10/000401#%EF%BC%96%E5%AD%90%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%92%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%99%BA%E7%94%9F”]

まとめ

私も今回の件はめっちゃ焦ったし、絶望したけどあきらめないで。

Googleのページ速度を計測するPage Speed Insightsではエラーがでて計測不能という結果でした。何で遅いのかを調べるプラグインでは「サーバー側の問題」と表示され、さくらサーバー様にまで問い合わせました。プラグインを入れても、.httaccessをいじっても何も変わらない。まさかのGoogle+のサービス終了とLuxeritasが原因でした。
[blogcard url=”https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja”] Luxeritasテーマを使用していて、最近妙に記事が重いという方はLuxeritasのアップデートをお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA