【安くて良品!】Ventlax社のGoPro用3wayレビュー

カメラ

  • GoPro用3Wayを買いたいひと向け
  • 正規品が高くて渋ってるひと向け
  • Ventlax製の購入を検討している人向け
  • 色々な写真をGoProで撮りたい人向け

ついにGoPro Hero7 Blackを購入!
次は3Way(三脚・自撮り棒・カメラグリップ)ほしいってなりました。

・・・正規品めっちゃ高い。

そこで今回はサードパーティ製の3Wayを購入してみました。

Ventlax社のGoPro用3Way (2980円)

スポンサーリンク

はじめに

3Wayとは?

三脚・セルフィスティック・カメラグリップの3種類の使い方ができる便利なツールです。

  1. 三脚
  2. 三脚を用いて写真撮影を行うと、定点でブレずに写真や動画を撮ることができます。夜景やイルミネーションは三脚に乗せて撮影するのがオススメです。
    ※ただ、Hero7 Blackの手ぶれ補正は最強なので、三脚がなくてもある程度は手ぶれしません。

  3. セルフィースティック
  4. 流行りの自撮り棒です。
    ゴープロだと自撮り以外にも延長できるアームとして高いところを撮影したりできます。

  5. カメラグリップ
  6. ゴープロは本体が小さいかつ広角なので、手が大きい人だと指が入ってしまいます。そのために、カメラの持ち手として使えるのがカメラグリップです。

価格帯

正規品は1万円近くしますが、サードパーティ製だと安くて1980円くらいからあります。

正規品はこちら

ActyGoの1980円のはこちら

Ventlax社レビュー

購入の決め手

今回私がAmazonで購入したVentlax社の3wayは2980円でした。

決め手としては

  • 高すぎず安すぎない
  • アマゾンの口コミが良い

です。

使用感

  1. 三脚
  2. 組み立てるとこんな感じです!
    でもこれだと持ち運びめんどくさい…と思った方。こちら組み立て式です。

    元々はこんな形なのですが、グリップの取っ手の中から三脚の脚が出てきます。

    こんな感じで収納されてます!

  3. セルフィースティック
  4. セルフィースティックも問題なく使用可能。
    ただ、リモートシャッターはついていないのでiPhoneか別売りのリモートシャッターを購入する必要あら。

  5. カメラグリップ
  6. アームは、調節できるので便利。

    デメリット

    デメリットといえば、リモートシャッターが3Wayにはついていません。
    しかし、ゴープロiPhoneアプリがあれば、スマホをリモートシャッターがわりに使用できます。
    それくらいかなあ。
    アマゾンに書いてあるデメリットも今のところ感じていません。

    まとめ

    安く書いたいけど、安すぎると心配ですよね。
    Ventlax社の3wayは妥当な価格で、使い勝手も良いです。
    正規品を買う前のひとつ、としてでも良さそうですね!

    プロフィール画像

    この記事を書いているのは?

    JULIE。23区がスゴク嫌いなのに東京で働く25歳。区に行かなくても働けるようにスキルアップに生き急いでます。小学生までヨーロッパにいましたので日本生きづらい歴18年目です。

    スポンサーリンク

カメラ