チャットツール集約アプリ「SUMCHAT」

デザイン規定等無視し、コンセプトを重視したツールです。最近クライアントからチャットワークやらスラックやらバックログやらを共有されすぎて、ツールが溢れかえっているのが辛く、考えてみました。

「SUMCHAT」サービス概要


「SUMCHAT」はビジネスチャットツールやプロジェクト管理ツール、メーリングツールを一元化できるアプリです。名前の由来は「Summarize(まとめる)」+「Chat(チャット)」

「SUMCHAT」の背景

Slack、Chatwork、Microsoft Teamsなどのビジネスチャットツール、Asana、Backlogなどのプロジェクト管理ツール、Gmail、Outlookなどのメーリングツールというようなコミュニケーションを行うツールが日々市場に出てきています。新たなツールが増えることは良いことですが、それとともにクライアントや部署によって複数のツールを使わないといけない人がいます。一つずつツールをチェックするのは非常に手間ですし、対応もれも発生します。この問題を解決すべく「SUMCHAT」を企画しました。

ターゲット

  • 業種:広告代理店、デザイン事務所、アプリケーション開発、ソフトウェア開発、フリーランス
  • 職種:マーケティング、デザイナー、エンジニア、ディレクター
上記職種・業種の人はクライアントと共同作業を行うことが多く、クライアントによって希望のコミュニケーションツールが異なります。毎回タブを開かなくても一つの画面の中で全てのチャットを確認できるのが「SUMCHAT」です。

大まかな機能

  • 複数ツールにまたがるチャットの一元管理
  • ツール別のチャットの確認も可能
  • あるツール内の特定のチャットのみを選択可能1
  • チャット内の全会話または自分宛のみを選択可能
  • サイドメニューにチャットがたくさんある場合は、フィルタリングや検索が可能

利用までの流れ

新規登録〜ツール選択

新規でアカウントを作成してから、どのツールを連携(一元管理)させるのかを選びます。

連携するツールのAPI連携(初期設定完了)

各ツールと連携させます。

ツールの中の特定のチャットを選択

特定のチャットを選択します。例えば、チャットワークのクライアントワークのチャットだけを抽出したいなどで使えます。

ホーム画面では全ツールのチャットを一覧で見られる

ホーム画面では連携させている全チャットを表示しています。

サイドメニューから特定のチャットルームへ

サイドメニューから特定のチャットへ飛ぶことができます。

最後に

次はデザイン規定を守って仕上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA